新型コロナウイルス感染症拡大に伴う
緊急支援のお願い

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援のお願い

新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延し、我が国でも感染症の脅威が続いており、大きな社会問題になっています。皆様におかれましても不安な日々をお過ごしのことと存じます。

このような状況において、本学学生の中には保護者の経済状況の悪化やアルバイト収入の減少により、学業の継続が難しくなる学生も生じております。

このため、北海道大学におきましては、国からの給付金や日本学生支援機構による奨学金の緊急支援に加え、本学独自の支援策として、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け生活が困窮している学生2,500人程度へ、困窮度に応じて、1人あたり5万円又は10万円の返済を要しない緊急修学支援金の支給を行うことといたしました。更に他の支援策も検討しております。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援の実施にあたりましては、既に北大フロンティア基金への寄附のお願いをしているところでございますが、同基金を活用して上記支援を行うことにより、本学の学生が経済的な理由により学業を断念することがないよう、改めて、皆様に広くご支援をお願いいたします。

皆様におかれましても、コロナウイルス感染症の影響により、種々ご負担の生じているところ重ねてのお願いとなり大変恐縮ですが、未来を支える若者のためにぜひご賛同くださいますようお願い申し上げます。

令和2年6月1日

北海道大学総長職務代理   笠原 正典
北海道大学校友会エルム会長 杉江 和男

ご寄附はこちら 

リーフレット(PDF)

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援のお願い(6月2日版)

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援のお願い(5月1日版)

対象事業

新型コロナウイルス感染症支援に対するご寄附は,「修学支援基金」として承ります。
修学支援基金とは、経済的な理由により修学が難しい学生を支援するために創設された基金です。
みなさまからのご寄附は、意欲ある学生の未来のために、有効に活用させていただきます。

北海道大学では,修学支援金給付事業以外にも学生の支援を行っております。(事業詳細はこちら

税制上の優遇措置

ご寄附いただいた金額により,銘板の掲出?カレンダーの進呈等様々な形での謝意をご用意しています。
「北大フロンティア基金」へのご寄附については,個人からの寄附について,所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金(所得税法第78条第2項第 2号)として財務大臣から指定されており,修学支援基金に御寄附いただきました場合,「所得控除」「税額控除」のいずれか有利な控除方法をお選びいただけます。また,法人からのご寄附についても,法人税法上の全額損金算入を認められる寄附金(法人税法第37条第3項第2号)として財務大臣から指定されております。詳しくは,こちらをご覧ください。

ご寄附はこちら 

寄附者からの応援メッセージ

寄附者の皆様より,たくさんのメッセージをお寄せいただいております。
ご寄附ならびに北大フロンティア基金にメッセージをいただきました皆様、心より御礼申しあげます。
ここにその一部を紹介させていただきます。

メッセージ
世界がコロナに苦しんでいる今,日本や留学生の故国の重要な人材として期待される皆さんが,経済的事情で勉学の機会を奪われることは,未来の発展にとって大きな損失です。挫折することなく,前を向いて勉学に勤しんで下さい。世界の英知の結束により,近い将来,このコロナ問題は必ず克服されます。
30年弱も昔ですが,学費の減免や奨学金に助けられて北大を卒業しました。当時の恩返しには足りませんが少しでも足しになれば。時代を問わず経済的な理由で学べない学生が生まれてはいけないと考えます。 学ぶ意欲のある学生が学び続けられないとしたらそれはその社会が間違っています。
2020 年3 月卒業生です。北大での学生生活は楽しく充実したものでした(卒業式と祝賀会がなくなったのは残念でしたが)。在学生の皆さんにも,北大で楽しく学生生活を過ごしてもらいたいと思います。経済的に困っている学生の方にとって足りる額ではないですが,ほんの気持ち,寄附をいたします。

その他のメッセージはこちらをご覧ください。

また,修学支援金給付事業に対し,本学同窓会からもご寄附を賜りました。ご厚志に対しまして感謝を申し上げますとともに,同窓会名を掲載させていただきます。
なお,個人?法人の方からのご寄附につきましては,WEB芳名録及び学内向け広報誌「北大時報」をご覧ください。(敬称略)

?北海道大学東京同窓会

?北海道大学工学部同窓会東京支部

?北海道大学北楡会

?北海道大学法学部同窓会

?北海道大学インドネシア同窓会

ご寄附はこちら 

一番上に戻る